上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「すんき漬け」という食べ物をご存じだろうか。

長野県でも木曽の地域でしか食べられていない、赤カブを塩を使わず乳酸発酵させた漬物。
海から果てしなく遠い山あいの木曽では、とにかく塩が貴重なものだったようで、塩を使わずに保存食を作る必要があったんだろうね。
冬場の貴重な食材として、今でも地元では大切に食べられているようです。

で、そのすんきをおいしく食べる方法のひとつが「すんきそば」。
これをどうしても食べたくなり、一路車を木曽へ。

雪の残るなか、旧日義村にある「道の駅日義木曽駒高原」に到着。
20150222a.jpg
入り口には、はやくも「すんきそば」ののぼりが。
20150222b.jpg
赤カブの絵柄が、なんだか花札っぽくていいね。

で、そのすんきそば、とは。
20150222c.jpg
これ、すんきは後乗せではなく、お出汁で煮込んでいるみたい。
汁そのものがすんきの味がします。
何より、暖かいおそばに「レンゲ」が付いてくるのが珍しい。
お出汁もきちんと味わうことができるように、ということかな。
ほどよい酸味が食欲をかきたてます。
自分は蕎麦はもりそばかざるそばしか食べないのですが、これだけは暖かいそばでも大丈夫ですね。
いやもう、本当においしかった。

そこからの帰り道。
酸味の効いた食べ物に胃袋が刺激されたのか、さらにお腹がすくという非常事態に。
昼もすぎておやつの時間帯になってしまったけれど、ならばと国道19号沿いにあるハルピンラーメンへ。
20150222d.jpg

諏訪ではつとに有名なハルピンラーメン。
この頃は、ここ塩尻店や松本にもお店を出したようだ。
どこにもない味、ちょっと辛みのきいた独特のハルピン味にはまる人は数多い。
20150222e.jpg
たしかにこの味は門外不出だよなあ。

ネギをトッピングにしたハルピンラーメンをオーダー。
20150222f.jpg
着席と同時に出されるジャスミンティーも、いつもの通り。
ありゃ、ネギがどっさりでスープと麺が見えない(笑)
写真で味が伝わらないのが残念ですが、醤油でも味噌でもない、ほんと独特なハルピン味なんですよ。ええ。
諏訪のソウルフードとして味わいたいものですね。
スポンサーサイト
2015.02.22 Sun l 日記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。