上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
朝食は、決まったスタイルがあるのが自分流。

基本、平日の朝は納豆ごはん。

で、土休日はパン食。

あとはメニューは一緒。
牛乳、味噌汁、ヨーグルト。

これを、口に入れる順番までも決まっている。

牛乳→(平日)納豆ごはん(休日)パン→味噌汁→ヨーグルト。

なんだろね。特にこうしたいと思ってなったわけじゃないんだけど。
長年の習慣で、気が付いたらこうなっていた感じ。
知らずのうちに身体に刷りこまれているから、この順番が狂うと、なんだかしっくりこない。
不思議なものだね。

昼食や夕食は、特に決まったこともなく何でもござれですが。
朝だけは、いつもと同じ所作をしてから仕事に向かう。
それによって、身体や気持ちの調子を確認するという意味もあるかも。
同じご飯を食べていても、あれっ今日は何だか身体が重いな、とか。牛乳がおいしく感じないな、という、不調センサーが発動したときはすぐに分かるし、じゃあ薬を飲んでいくかとか、マスクしていくか、という判断もできるしね。

あと、必ずテレビはNHKのおはよう日本(7時台)。
番組進行が毎日ほぼ秒単位で同じだから、朝の支度がいつもより早いか遅いか、これをチェックする基準にもなる。
歯を磨いているときに7時台のスポーツが始まると、ほぼオンタイム。
これに遅れると、その後の着替えがちょっとお急ぎモードになる。

自分なりに、今日1日を快調に過ごすための、準備運動みたいなものかな。
ちゃんと備えをすれば、毎日がいいパフォーマンスを発揮できる、なんて信じてみますか。
スポンサーサイト
2014.09.20 Sat l 日記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。