上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今年の夏は、どうも気候は例年と違う。
暑さに倒れそうになったのは、梅雨明けのほんの2週間くらい。
あとは微妙な涼しさや、熱帯かと間違うくらいのスコールのような雨。
週末に至っては、刺すような日差しの下で過ごした記憶があまりない。

今日も昼前に、前ぶれもなく滝のような雨が落ちてきた。
2月に突如として起きた豪雪。
それと似ているような気もする。
明らかに、空から降りそそぐ雨雪の落ち方が、20年前とは確実に変わっている。

これが、化石燃料に依存しすぎた人類への、地球からの警告に思えてならない。

そんな夏も、確実に過ぎつつある。
立秋も過ぎ、お盆も過ぎた。
夜になれば、外ではコオロギが鳴いている。
そろそろ、右肩上がりの気温も、頂点を超えて下へと向きだした。

ここから、紅葉まぶしい晩秋までの2か月半。
春の次に好きな季節だ。
穏やかな時間が流れることを願いつつ。
スポンサーサイト
2014.08.16 Sat l 日記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。