上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
初めて行ってみました。東京モーターショー。
20131123a.jpg

初日ということもあって、黒山の人だかり。
なんか、戦後の配給みたいな光景ですな。
20131123b.jpg

今回、スバルが打ち出したレガシィの後継、レヴォーグ。
1.6リットルの直噴ターボで、ワンタンクでの走行距離1000kmとか。。
すごい時代になったものだね。
20131123c.jpg

未来の猫型ロボットもいました。
ジャンレノさんと妻夫木さん。
20131123d.jpg

トヨタは燃料電池車をかなり前面に押し出していましたが。。
20131123e.jpg

燃料電池が普及する時代は来ないと思うのは自分だけだろうか。
20131123i.jpg


事故で車体が損傷した場合の現象として、

 ガソリン  → 炎上
 ハイブリッド→ 感電
 燃料電池  → 水素爆発

安全面からはどう考えても、燃料電池を選ぶ積極的な理由はないよな。
燃料電池のしくみを、おねーさんがニコニコしながら小便小僧で説明している場合かね。
20131123h.jpg

ヤンマーとKEN OKUYAMA DESIGNのトラクター。
昆虫というか、バッタみたいな顔立ち。
でも、こんなトラクターが高原野菜とか掘ってたら、ちょっと格好いいかも。
20131123f.jpg

ホンダのスーパーカブC100。名機中の名機ですね。
改めて見返すと、デザインがとても洗練されていて、半世紀前のものとはとても思えないね。
戦後10年でここまでのバイクを作り、その後今日まで世界で広く受け入れられ続けていることは、本当にすごいことだと思う。
20131123g.jpg

まあしかしものすごい混雑。入場制限もしてたし、立錐の余地もないとはこのことか。
往復のゆりかもめやダイバーシティ内も含めてほとんど立ちっぱなしの歩き通しで、足腰がほんとうに鍛えられたです。

このごろのクルマというのはエコ意識が強かったり、デザイン的にも丸くおさめられたスマートなものが多い気がしますが、ベンツやスカイラインといった走りを楽しむ車の展示ブースも大盛況だったことから、消費者の嗜好も少しずつ変わってきたのかなと思ったよ。
スポンサーサイト
2013.11.23 Sat l 日記 l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。